社会科 地理2

社会科地理スイングの北米編です。
早口言葉「東京特許許可局」を言いながら、バットを振っておりますが、「東京特許とか局」になることがありました。

さて、新たに社会科地理、北米大陸を始めました。

北米大陸にはアメリカ、カナダ、メキシコと野球強国が多いなと、思っていました。

しかしこの3つ以外の国が思いつきません。もしかして3つだけか?、とも思いました。

とりあえず、ウィキペディアで調べたら、10ヶ国ありました。
それらををあいうえお順に並べると、

アメリカ
エルサルバドル
カナダ
グアテマラ
コスタリカ
ニカラグア
パナマ
ベリーズ
ホンジュラス
メキシコ

そして、まずは1ヶ国の名前を言って1スイングを、行いました。

「アメリカ」振る
「エルサルバドル」振る
(中略)
「メキシコ」振る

これで10スイング終了。

あともう2周りやりましたので、30回振ったことになります。

将来、慣れれば5ヶ国を言って1スイングができればいいなと思います。

アメリカエルサルバドルカナダグアテマラコスタリカ 振る
ニカラグアパナマベリーズホンジュラスメキシコ 振る
というように。

ちなみに
「亜鉛、各戸に、侍り、褒め」
という変な作文をしてみました。

アメリカ あ
エルサルバドル えん
カナダ か
グアテマラ く
コスタリカ こ
ニカラグア に
パナマ は
ベリーズ べり
ホンジュラス ほ
メキシコ め

と、こういうことです。
今度は逆からスイングしてみます。
「亜鉛各戸に侍り褒め、メキシコ」メキシコと言ったと同時に振ります。
「亜鉛各戸に侍りほ、ホンジュラス」
ホンジュラスで振る。この後も、国名を言うとき振ります。
「亜鉛各戸に侍り、ベリーズ」
「亜鉛各戸には、パナマ」
「亜鉛各戸に、ニカラグア」
「亜鉛各戸、コスタリカ」
「亜鉛各、グアテマラ」
「亜鉛か、カナダ」
「亜鉛、エルサルバドル」
「亜、アメリカ」

このように、繰り返しやっていると、100回も振れば、北米大陸10ヶ国ぐらい覚えられるでしょう。