社会科 地理3

本日は270本のバットの素振りを行いました。

「安全確認」スイング10
これは毎日、最初にやってます。
やはり器物破損をやってしまっては、素振りを引責辞任及びその記者会見をしないといけないのでね。

「楽しい」スイング10
これも、ほぼ毎日やります。
楽しくなくてもやります。

早口言葉
「東京特許許可局」スイング50
まだスラスラとは言えません。慎重に、精神統一できれば言えますが。

社会科地理 北米
「ホンジュラス、デグシガルパ」 スイング20

デグシガルパとは、ホンジュラスの首都の名前です。

北米大陸の国々10ヶ国の名前は言えるようになっています、今のところは。素振りのおかげです。

そろそろ南米についての素振りに行きたいのですが、我慢します。

そこで、北米大陸を少し掘り下げようと思いまして、各国の首都を調べたのです。ウィキペディアで。

すると、このデグシガルパという、言い方が一番難しいのです。

なので、「ホンジュラス、デグシガルパ」スイングひとつにしぼって、他は無視しました、おいおいやりますが。

デグシガルパの意味、由来、英語表記、ダジャレなど、本日は考えず、とにかく素読のみで、バットスイングしました。

これからも、難しい言葉は、素読からスタートしようと思います。

「素読」は「そどく」と読むのか。
「すどく」と思ってました。

「素振り」はここでは「すぶり」。
「そぶり」では意味が違ってきます。

その他180本の素振りについては、どういうことをしているのか、まだ内緒です。