早口言葉5

早口言葉5
これは、ソフトボール部員で、将来、声優を目指す方や、現在もうすでに声優で、草ソフトボールをしている方は、参考にしてください。

「東京特許許可局」と言って、バットを振る件です。

記録を調べると、この1ヶ月で630回になります。
つまり「東京特許許可局」を630回唱えており、すなわち630本、バットを振っていることになります。

これだけやると、慣れてきます。
1発でスラスラ言うのはまだ難しいですが、3回言えば1回は言えるようになってます。

まだまだ続けようと思います。

そして今日、
「ひよこぴょこぴょこみぴょこぴょこ」で、1スイングを20回繰り返しました。

この早口言葉は、非常に困難です。
ゆっくりだと言えるのですが、それだと遅口言葉です。

しかしそれでもいい。
だんだん早くしていこうと、思います。

日々こんなことしていて、何になるのか?

それは、将来サヨナラヒットを打ったとき、インタビューで、早口言葉をやってくださいと、リクエストがあるかもしれません。

その準備として、日々を過ごしているわけです。