天皇9

天皇9
先程、バットを素振りしました。

41代から45代まで一気に唱えて1振り、これを20回繰り返しました。

そして、46代から50代を、一気に唱えて1振り、これは80回でした。

20回と80回、かなりの差があったのは、「じゅんにん天皇」(47代)がなかなか言えないのです。

こうけん、?
こうけん、?
こうけん、?

あれ、何やったかな?
仕方なく答えを見る、あっ、じゅんにん天皇か。

こうけん、じゅんにん 、しょうとく、こうにん、かんむ、スイング。

こうけん、?
こうけん、?
こうけん、?

あれ、また忘れた。
あっ、じゅんにん天皇か。

という具合で、素振りがスムーズにいかない。

そこで、考えに考えたのは、次の文章です。

「貢献の順に、聖徳太子が、公認した冠」

冠位十二階というのがあったなあ、貢献順かどうか、知らないが、この文章を肝に命じておこう。

さて、51代から60代は、また今度に素振りすることにして、先に言葉遊びをしておこうと思います。

へいぜい さが
じゅんな にんみょう
もんとく せいわ
ようぜい こうこう
うだ だいご

ということになります、51代から60代は。

へいぜい、さが→塀から下がる
じゅんな、にんみょう→住人
もんとく、せいわ→門前にて
ようぜい、こうこう→陽を光々と
うだ、だいご→うたた寝

塀から下がった住人が
門前にて陽を光々と浴び
うたた寝をした。

これで素振りがうまくいくかどうかは、やってみないとわからない。

生活5

生活5

昨日
5本バットを振って、1番上の上着を脱ぎ、ズボンを履き替える

5本バットを振って、帽子を脱ぎ、トイレに行って戻る

5本バットを振って、洗濯を開始する

5本バットを振って、腕時計を外す

今日
10本バットを振って、干している衣類を取り込む

10本バットを振って、不要なチラシを数枚、破り捨てる

と、いうような、素振り生活をおくっています。

しかし、わたくしは、草野球チームに入っているわけでは無く、日曜日が休みでも無いの

で、将来的にも、草ソフトボールチームに入るのは、諦めました。

バットの素振りがもったいない気しますが、振り始めて6年目ですので、やめることができなくなりました。

とはいえわたくしは53歳ですので、この素振り生活の、後継者を探すのが、これからのテーマになりそうです。

天皇8

天皇8

まだ31代から40代に取り組んでいます。

ようめい すしゅん、で1振りを10回
すいこ じょめい、で1振りを10回
こうぎょく こうとく、で1振りを10回
さいめい てんぢ、1振りを10回
こうぶん てんむ、1振りを10回

というように振りました。

まだまだスラスラとは言えませんが、なんとか言えたので、次に進みます。

41代から50代について。

41じとう42もんむ
の前の方の字をつなげて、何か単語を作ります。「じ」と「も」で
「自問」とします。

43げんめい44げんしょう
怪訝

45しょうむ46こうけん
書庫

47じゅんにん48しょうとく
住職

49こうにん50かんむ
好感

自問して、怪訝になり、書庫に行く住職には、好感が持てる

さらに詳しく見て行きます。

「自問」は、自分に問うことであり、「自問う」、それに文句は無いので、「もん無」、です。

「怪訝」は43.44の「げん、げん」を表しますが、「げんめい」なのか「げんしょう」なのか、区別ができません。

これは、
「げんめい」の「めい」が漢字では
「明」で

「げんしょう」の「しょう」が
「正」なので、

幸運なことに最近になって明治、大正と続きますので、「げん明」「げん正」の順番となります。

書庫というのは、書を読むのに貢献するアイテムです。

住職は、純粋な、にんげんで、しょうとく太子は仏教を紹介しました。

好感は、好意を認められ、感無量ということです。

生活4

生活4
洗濯物を干す、ことについて
5回バットを振り、洗濯物2つを干しました。

次にまた5回バットを振り、今度は洗濯物を4つ干しました。

食器を洗うことについて
5回バットを振り、食器を洗いました。そして手をよく拭いてから、また5回バットを振りました。

これで家事を終えたと同時に、20本のバットスイングも終えました。

例えば、ご家庭で親から子に
「5回バットを振ったら、洗濯物を10ずつ取り込む」とか

「5回バットを振ったら、食器を2枚洗う」
と言って、そのとおり実行できたら、

そしてもし、わたくしが、その子の野球かソフトボールチームの監督なら、

わたくしは、ニンマリするでしょう。

子供が、相撲部なら、素振りのところを四股にするべきです。

「てっぽう」という相撲の稽古もありますが、家が壊れるので、やめましょう。

テニスや卓球なら、ラケットを振る。
ボクシングなら、シャドウボクシングになるでしょう。

もし親が誕生日なら、役割りを交代して、子が家事をして、親がバットを振るのも有りかなと、思います。

年1回ぐらい、そういうことがあっても、いいかなと。

2018年 3月のバットの素振り

3月のバットの素振りの数
3,650本でした。1日平均117本。

1月が4,810本 1日平均155本
2月が4,190本 1日平均149本

なので、ずいぶん減りました。

このように素振りをするのも、数字をつけるのも、2013年からやってます。

この3月までの5年と3ヶ月で
25万7,940本となってます。

この間、草野球の参加は1度だけ。
確か5万本振った頃のことですので、ライト前ヒットを打ったことだけ、覚えています。
場所は大阪市で、イケヤの見えるグラントでした。

バッティングセンターへは、素振りを始めて、0回です。

行きたいとは、思ってます。