国語18

国語18
『片目の爺』20スイング
『たのきゅう』40スイング

『片目の爺』
昔あるところに、右片目のお爺さんが

居まして、それに化けた狐が家に帰って来ました。

しかしすぐ、お婆さんに狐ということがバレます。

右目と左目を間違えて化けたのです。

『たのきゅう』
この話は実によくできこていて、ここでは、恐れ多いので、語れません。

登場人物をひとり紹介します。
白髪の大きなお爺さんです。

実はこの人、うわばみが化けた者でして、人ではありません。

「うわばみ」は、大きなヘビのことです。化けるのは狐や狸だけではない。

野球での球種が、直球とカーブだけではないのと、同じように。