児童憲章1

児童憲章 1
一 すべての児童は、心身ともに健やかにうまれ、育てられ、その生活を保障される。

これを読むのですが、バットの素振りをところどころに挟みます。

すべての児童は、
スイング

心身ともに健やかにうまれ、
スイング

育てられ、
スイング

その生活を保障される。
スイング

これらを1セットとして、5セット行うと、20回のスイングになります。

さらに詳しく述べますと、
「すべての児童は」のとき、

ひらがなの「す」に注目します。
中央部分が丸まっています。

これを野球または、ソフトボールのボールのつもりで、

ここを狙って打つように、バットわふります。

次は、「健やかに」に注目します。
「スコーン」と音が聞こえるように、バットを振ります。

その次、「育てられ」に注目。
飼育小屋でバットを振る自分を想像して、バットを振ります。

本当に飼育小屋で振らないように。怒られるので。

次は、「生活」に注目。
「ライフ」というスーパーマーケットがあります。

そこでバットを振るのを、想像します。

これも、現実に振ってはならない。怒られるどころか、逮捕されます。