児童憲章2

児童憲章2

本日は以下の文章で、バットの素振りをやりました。

二 すべての児童は、家庭で、正しい愛情と知識と技術をもつて育てられ、家庭に恵まれない児童には、これにかわる環境が与えられる。

児童憲章の二つ目です。

すべての児童は、
スイング

家庭で、
スイング

正しい愛情と
スイング

知識と
スイング

技術をもつて
スイング

育てられ、
スイング

家庭に恵まれない児童には、
スイング

これにかわる環境が与えられる。
スイング

と、行きたいところでしたが、
時間がない。

そこで、イメージを頭で描いては、
スイングする方法で挑みました。

家の庭
スイング

ラブレター
スイング

百科事典
スイング

かなづち
スイング

ソーダ
スイング

代打ホームラン
スイング

歓喜
スイング

以上。これでトータル50本になったところで、ストップしました。

これで、ストーリーを作ります。

家の庭で、正方形にラブレターを折り

百科事典に挟み、かなづちでたたき、

ソーダを飲みながら、

家の庭が無ければ
代打ホームランで歓喜する。

このストーリーを想像できれば、児童憲章のニ番が、簡単に言えるように、

なるかも、ならないかも。