児童憲章4

児童憲章4

児童憲章の四つ目、これを利用してバットを60本振りました。

四 すべての児童は、個性と能力に応じて教育され、社会の一員としての責任を自主的に果たすように、みちびかれる。

本日は、原文で振るのではなく、パロディ文の方で振りました。

個性と能力→五千円で超能力
応じて→応じる
教育→教員
社会の一員としての→社会の一員、都市
責任→席
自主→実習で敵に果たし状
的→敵
果たす→果たし状
みちびかれる→道で轢かれる

解説
社会の一員、都市
これは社会を形成するものに、村とか町とか市とか、田舎や都市や国があるので、社会を構成する一員の、「都市』という意味です。

道で轢かれる
教員が惹かれたのではなく、道に落ちた果たし状の上を、車が踏んで行ったとします。

素振りのタイミングは、以下の通りです。

五千円で 【振る】
超能力に応じる教員 【振る】
社会の一員の都市に 【振る】
席(があります)【振る】
実習で敵に果たし状【振る】
道で轢かれる【振る】

これを10回繰り返したので、60本振りました。