児童憲章6

児童憲章6

児童憲章の6番目を読みながら、バットの素振りをしました。

なぜこんな児童憲章を読んで素振りをするのか?

それには、こういう理由があるのです。

現在の野球少年少女、ならびにソフトボール少年少女が、こういう素振りをしていると、

将来大人になった時、体罰をする気が失せると予想されるからです。

失せつつも、素振りというバッティング練習はしているのです。

体罰をなくすと、野球、ならびにソフトボールが、弱くなるとの不安が、わたくしにはあります。

しかし体罰をすると、次の日から、グランドに立てなくなります。

それで、第3の道を模索しています。

そのひとつとして、児童憲章を利用しています。

六 すべての児童は、就学のみちを確保され、また、十分に整つた教育の施設を用意される。

就学のみちを確保され、【振る】
また、十分に整った【振る】
教育施設を用意される【振る】

というバットの素振りをしました。

これを10回繰り返すと、30本の素振りが完成します。

100回繰り返すと、300本です。

そこまで行くと、この文章は覚えられるでしょう。

以下を読む必要はないです。

就学の「就」を偏とつくりに分けると「京」と「犬」になります。

児童憲章六番目の「六」と「京」をよく見ると、「六」が「京」の中に、隠れています。

これで「就学のみち」と一気に覚えるしか、手がない。

次の「確保され」の「確」の右上と「保」の右下も、なんとなく「六」が隠れています。

「就」に戻って「犬」に注目すると、「犬」は獣です。

獣分(じゅうぶん)としてみると、「十分」が連想されます。

十分の「分」は分けるという意味で、次に「整った」と来ます。

これは、髪を七三「分け」にして、整髪する、と解釈します。

で「十分に整った」が現れます。

次は「教育の施設を用意」ですが、「用意ドン」を連想します。

十分に整った教育の施設だから、用意ドンができる、ということです。

というのは、運動場どころか、陸上競技場があるので、用意ドンができるのです。

陸上競技場があるほどの、レベルの高い教育施設。

十分に整っている教育施設と言えるでしょう。