kurosawahiroshi のすべての投稿

生活5

生活5

昨日
5本バットを振って、1番上の上着を脱ぎ、ズボンを履き替える

5本バットを振って、帽子を脱ぎ、トイレに行って戻る

5本バットを振って、洗濯を開始する

5本バットを振って、腕時計を外す

今日
10本バットを振って、干している衣類を取り込む

10本バットを振って、不要なチラシを数枚、破り捨てる

と、いうような、素振り生活をおくっています。

しかし、わたくしは、草野球チームに入っているわけでは無く、日曜日が休みでも無いの

で、将来的にも、草ソフトボールチームに入るのは、諦めました。

バットの素振りがもったいない気しますが、振り始めて6年目ですので、やめることができなくなりました。

とはいえわたくしは53歳ですので、この素振り生活の、後継者を探すのが、これからのテーマになりそうです。

天皇8

天皇8

まだ31代から40代に取り組んでいます。

ようめい すしゅん、で1振りを10回
すいこ じょめい、で1振りを10回
こうぎょく こうとく、で1振りを10回
さいめい てんぢ、1振りを10回
こうぶん てんむ、1振りを10回

というように振りました。

まだまだスラスラとは言えませんが、なんとか言えたので、次に進みます。

41代から50代について。

41じとう42もんむ
の前の方の字をつなげて、何か単語を作ります。「じ」と「も」で
「自問」とします。

43げんめい44げんしょう
怪訝

45しょうむ46こうけん
書庫

47じゅんにん48しょうとく
住職

49こうにん50かんむ
好感

自問して、怪訝になり、書庫に行く住職には、好感が持てる

さらに詳しく見て行きます。

「自問」は、自分に問うことであり、「自問う」、それに文句は無いので、「もん無」、です。

「怪訝」は43.44の「げん、げん」を表しますが、「げんめい」なのか「げんしょう」なのか、区別ができません。

これは、
「げんめい」の「めい」が漢字では
「明」で

「げんしょう」の「しょう」が
「正」なので、

幸運なことに最近になって明治、大正と続きますので、「げん明」「げん正」の順番となります。

書庫というのは、書を読むのに貢献するアイテムです。

住職は、純粋な、にんげんで、しょうとく太子は仏教を紹介しました。

好感は、好意を認められ、感無量ということです。

生活4

生活4
洗濯物を干す、ことについて
5回バットを振り、洗濯物2つを干しました。

次にまた5回バットを振り、今度は洗濯物を4つ干しました。

食器を洗うことについて
5回バットを振り、食器を洗いました。そして手をよく拭いてから、また5回バットを振りました。

これで家事を終えたと同時に、20本のバットスイングも終えました。

例えば、ご家庭で親から子に
「5回バットを振ったら、洗濯物を10ずつ取り込む」とか

「5回バットを振ったら、食器を2枚洗う」
と言って、そのとおり実行できたら、

そしてもし、わたくしが、その子の野球かソフトボールチームの監督なら、

わたくしは、ニンマリするでしょう。

子供が、相撲部なら、素振りのところを四股にするべきです。

「てっぽう」という相撲の稽古もありますが、家が壊れるので、やめましょう。

テニスや卓球なら、ラケットを振る。
ボクシングなら、シャドウボクシングになるでしょう。

もし親が誕生日なら、役割りを交代して、子が家事をして、親がバットを振るのも有りかなと、思います。

年1回ぐらい、そういうことがあっても、いいかなと。

2018年 3月のバットの素振り

3月のバットの素振りの数
3,650本でした。1日平均117本。

1月が4,810本 1日平均155本
2月が4,190本 1日平均149本

なので、ずいぶん減りました。

このように素振りをするのも、数字をつけるのも、2013年からやってます。

この3月までの5年と3ヶ月で
25万7,940本となってます。

この間、草野球の参加は1度だけ。
確か5万本振った頃のことですので、ライト前ヒットを打ったことだけ、覚えています。
場所は大阪市で、イケヤの見えるグラントでした。

バッティングセンターへは、素振りを始めて、0回です。

行きたいとは、思ってます。

天皇7

天皇7
今日は、31代天皇〜40代天皇までについて、バットスイングをしました。

「ようめい、すしゅん 」と唱えて
10スイング

以下
「すいこ、じょめい」で10
「こうぎょく、こうとく」で10
「さいめい 、てんぢ」で10
「こうぶん、てんむ」で10

以上、50スイングバットを振りました。

2名1組を唱えて振る。これを10回繰り返しました。

それを5組行ったわけです。

揚子江には、行ったことがなく、今後も行くことはないと思いますが、

次の小話を考えました。

揚子江の水上を航行したら、
茶店の店主が後転した。

揚子江
「ようめい」と「すしゅん」

水上
「すいこ」と「じょめい」

航行
「こうぎょく」と「こうとく」

茶店
「さいめい 」と「てんぢ」

後転
「こうぶん」と「てんむ」

天皇6

昨日は21代から25代の5名について、今日は26代から30代の5名について、
バットの素振りを行いました。

昨日
「ゆうりゃく
せいねい
けんぞう
にんけん
ぶれつ」

と言って、バットを1回振り、
これを30回繰り返しました。

そして、今日

「けいたい
あんかん
せんか
きんめい
びだつ」

と言って、バットを1回振り、
これを30回繰り返しました。

こんなことをして、どうなるのか?
を考えてみます。

つまり、わたくしは実験をしているのです。

素振りを繰り返すと、上達するのかどうかの実験ではありません。

素振りという身体を使う運動をしながら、勉強ができるのかどうか、の実験なのです。

これが上手く行けば、ソフトボールまたは野球の価値が上がると、考えています。

ソフトボール部員と、野球部員の勉強の成績が上がるのでは、と思います。

さて、わたくしの理想論を語ったところで、21代から30代天皇について、言葉遊びをしてみます。

「ゆうりゃく せいねい」
を郵政とします。

「けんぞう にんけん」
兼任

「ぶれつ けいたい」
武家

「あんかん せんか」

「きんめい びだつ」
きびだんご

郵政を、兼任する武家が、汗をかいたあと(仕事をして汗をかいたあと)のきびだんごは、おいしいに違いない。

天皇5

天皇5
引き続き11代〜20代について。
11代「すいにん」
12代「けいこう」
これがなかなか思い出せない。

以下はスラスラ言えます。
せいむ
ちゅうあい
おうじん
にんとく
りちゅう
はんぜい
いんぎょう
あんこう

と、いうことは、
「すいにん、けいこう」
だけに集中して、バットを振ってみようと思います。

さて、上に挙げた天皇のうち、にんとく天皇陵に行ったことがあります。

中学校の授業で、広さ世界一のお墓と聞いてました。

しかし上空から全体像を見ることができないのが、残念でした。

注意
ここはバットの素振りのブログなので、バットを持って読んでいただきたい。

歴代天皇については、素振りの手段です。素振りが目的です。

しかし、逆に、天皇が目的で、素振りは手段のこともあり得ます。

目的と手段がごちゃごちゃで、どっちがどっちか、わからなくなってしまいました。

しかし、どっちでもいいということではなく、そのときの心境で、決めようと思います。

素振りに乗り気がしないとき、
歴代天皇を目的とし、

歴代天皇に乗り気がしないとき、
素振りを目的とします。

天皇4

天皇4

本日は120本のバットの素振りをしました。

「安全確認」と言って10本

「楽しい」で10本

天皇11代〜20代で30本

「東京特許許可局」で20本

「ひよこぴょこぴょこみぴょこぴょこ」で20本

その他30本

以上合計120本。

さて、本日テーマの天皇11代〜20代について。

すいにん
けいこう
せいむ
ちゅうあい
おうじん
にんとく
りちゅう
はんぜい
いんぎょう
あんこう

という構成です。

本当は、何も考えずに
ひと方ずつ読み上げては、
バットを、ひと振り、
を繰り返したいのですが、

いつまでたっても覚えられない気がしますもので、

少し工夫をしてみました。

すいにん 垂直に
けいこう 蛍光灯を
せいむ 設
ちゅうあい 置して
おうじん 王子
にんとく に
りちゅう 離
はんぜい 反するのは
いんぎょう いい
あんこう 案です。

と記憶術を、利用しました。

しかし、かえって、話をややこしくしていると思われる方がいると思います。

その場合、記憶術は無視して、ボイスレコーダーに天皇の名前を録音して、それを聴きながら、バットを振ることをお勧めします。

わたくしも、たまにはそうします。

解説:
「垂直に蛍光灯を設置して王子に離反する」

ということは、王子は水平に蛍光灯を設置したいのでしょう。

それに背くことが「いい案だ」

と言っているのです。相当いい度胸ですね。

王子の父親の王様の立場なら、できそうですが。

しかしこの小話は、天皇とは無関係です。

天皇は神ですが、王様とか王子様は、人間です。

混同されないよう、お願いします。

文武両道について

文武両道とは、どういうことか?

ここでは、
バットスイングを繰り返し行いながら、その合間、合間に、何か言葉を発するか、聴くか、ということを指します。

その言葉というのが、わたくしが今取り組んでいるのは、「歴代天皇」なのです。

最終的に全部ソラで言えるようになることを目指します。

言えるようになれば、バッティングセンターに行こうと思ってます。

ということで、ここでは歴代天皇が「文」、バットスイングが「武」となります。

したがいまして、他所では他のことに取り組んでいただきたい。

例えば、
「歴代横綱」と「腹筋背筋」
「歴代徳川将軍」と「腕立て伏せ」
「歴代アメリカ大統領」と「四股」
「掛け算の九九」と「スクワット」
「各料理の材料名」と「縄跳び」
「ギターのコード」と「反復横跳び」
「小テストの間違った箇所の正解」と「テニスの素振り」

などなど。

生活3

家の中が散らかっています。
そこで、

「バットの素振りを5本して、2着の服を、空いた鞄に放り込む」

ということをやりました。

50本振りましたので、20着の衣類を整頓したことになります。

今は季節の変わり目なので、ほとんど冬着を整頓しました。

これをマメに繰り返ししていけば、家の中が片付くごとに、バッティングも上達の可能性があり得ることになります。

一挙両得を目論んでいます。

今後は、

「要らない本と残す本を分ける」

というのを、やって行こうと思ってます。