カテゴリー別アーカイブ: 60素振りブログ

早口言葉

早口言葉を言いながら、バットの素振りをしました。
「生麦生米生卵」と言って1振り、30回の繰り返し。
「赤巻紙、青巻紙、黄巻紙」と言って1振り、これも30回繰り返しました。

この企画は、野球部員、ソフトボール部員で将来、声優、俳優、アナウンサー、ウグイス嬢、歌手、漫才師、漫談家、講談師、浪曲師、口上師、呼び出し、など言葉を使う商売に就きたいなら、実践して欲しいのです。

しかし、大きな声でやると、エネルギーが肺活量に消費されるので、素振り自体が苦しくなります。
わたくしは、ささやき声で行いました。

社会科 地理

素振りを250本やり終えたところです。
ここでいう「素振り」というのは、バットを振る素振りです。

ですので、ここは野球ブログでして、ソフトボールブログでもあるのです。

ところが、バッテイングの技術については書きませんので、あしからず。

本日、というか、いつものことなのですが、素振りと素振りの間に何か言葉を言うことが、ここのルールです。

で、本日の言葉は
「中国、インド、アメリカ、インドネシア、
ブラジル」と一気に言いました。

言っては振り、言っては振る、を繰り返しました。

これらの国々は、人口の多い順ベスト5です。2016年のデータですが、まぁ良しとしておきます。コロコロ変わるようなものでなし。

こんなことをしていて、どうなるかなんてわかりませんが、2015年、中国からの観光客が押し寄せてきて、日本のホテル業界が潤ったことは確かです。

それもほとぼりが冷め、このホテル業界で働くわたくしとしては、次はインドの方々に日本にどんどん来てもらいたいのです。

惑星スイングⅳ

昨日50本、今日60本の素振りをしたのですが、惑星スイングをまだ続けました。

というのも、あるとき素振りとは関係ないときに、惑星を口にしようとしたら、「日月火水木金土」と関係ない言葉が出てきまして、まだまだ修行が足りないことを痛感したからです。

しかし今日で一旦惑星スイングは、終わりにします。

もっと深入りすれば、重さ順とか、それぞれの惑星の特徴などやることはありますが、宇宙に興味ある方におまかせします。

惑星スイングⅲ

昨日は220本の素振りを行いました。
その内「惑星スイング」を20本、復習しました。

木土天海地金火水ということで、大きい順なのですが、火星が地球より小さいのが意外でした。逆に思ってました。

水金地火木土天海は太陽に近い順。

こんなこと知ったところで、役に立つとは思えませんが、遠い将来人類が移住するとしたら、火星になると思われます。

その時、間違えて金星に行って、やけどしないように、後世に伝えるべきかと、思うのであります。

惑星スイングⅱ

本日は素振りの数が150本になってます。
このうち30本について。

惑星を唱えて一振りしたのです。
「木土天海地金火水」と言って一振り、これを30回繰り返しました。

惑星の順序がおかしいですね。
普通なら「水金地火木土天海」で、知っている方は多いと思います。
これは太陽から近い順ですね。

しかし今回ちょっと見方を変えたのです。
ネットで調べて大きさの順にしたのです。

木星が最大なのは、知っていたので最初に持ってきます。土星が2番目も知っていたので、次に持ってきました。

さて、その他ですが、全く順番がわかりませんでした。

木、土、天、海と並ぶのですが、太陽から近い順と同じです。だから知っている人は楽です。

次から地、金、火、水の順です。
これはダジャレ的に言うと、チキンに火をつけて水で消した、ということになり、覚えやすくなると思います。

追伸
ここは素振りのサイトです。
30本のバットの素振りに価値があるのです。

かと言って、惑星のことはどうでもいいわけではありません。

ただバットを振るだけでは、人生つまらないですから。

惑星バットスイング

今日は270本バットを振りました。
その中の10本について。

我が太陽系の惑星は8個あるらしいです。
水金地火木土天海。

ということは知ってました。
しかし英語ではどういうのか知りません。

わたくしはセーラームーンを見ていない世代なんです。
それで、ちょっと調べたのです。

水星=マーキュリー
金星=ビーナス
以下略

この8個に太陽=サンと、
かつて惑星だった冥王星=プルートゥ
を加えて10個になります。

それで、
「サン」と口ずさみ、バットを1振り。
「マーキュリー」1振り。
以下省略。

これで10振りました。
と同時に、惑星英語も学習しました。

「楽しい」バットの素振り

本日朝5:30頃から、320本のバットの素振りをしました。

このうち最初の10本は「安全確認」と言いながら振りました。

そして次の10本は「楽しい」と言いながら、振ったのです。

というのは、私が40年前の少年の頃、素振りは面白くないものと決めつけて、振っていたのです。

その不幸な時間を取り戻すため、今は「楽しい」と言いながら振っているわけです。

残りの300本も、いろいろつぶやきながら振りましたが、内容はまた今度書きます。

バットの素振り

「私は素振りをしています」
と言っても、バットを振っています。
つまり野球かソフトボールのバッティングの素振りで、ここはそのブログなのです。

今しがた、30本振り終えたところです。
しかし、ただ振っただけでなく、振る合間合間に「安全確認」という、言葉を発しながら、振りました。

バットを振るというのは、非常に危険な行為です。

周囲に犬や猫や人間が居ては、やってはいけません。

なので、常に周囲の安全を確認して、振りました。